ムラウチドットコム エンジニアブログ

日本最大級ブログランキング「にほんブログ村」、シンプルなブログサービス「muragon」を運営するムラウチドットコム メディアグループのエンジニアブログです。

Amazon Linux AMI 2017.09 のリリースまとめ


弊社が運営しているブログサービス muragon はAWSを利用してインフラを構築しています。


先日、Amazon Linux AMI 2017.09 がリリースされたので内容をまとめてみました。
Amazon Linux AMIは、AmazonがEC2用に提供しているLinuxイメージで半年に一度リリースされています。


非推奨になったパッケージ


以前から予告されていたとおり、下記のパッケージが非推奨になりました。
非推奨になるとクリティカルなセキュリティアップデートしか行われくなり、最終的にはリポジトリから削除されてしまうようです。


  • gcc44
  • java-1.6.0-openjdk
  • mysql51
  • openssl097a
  • php53
  • php54
  • postgresql8
  • ruby18
  • ruby19
  • ruby20
  • ruby21
  • tomcat6

予告リスト中のpython26については、今回のリリースノートの中からは記載が消えていました。
また、tomcat6は既にリポジトリから消えていました。


Kernel 4.9.51


前バージョン(2017.03.1)のカーネルバージョンは4.9.43。
Googleが開発したTCP輻輳制御アルゴリズムのBBRがサポートされています。(デフォルトでは無効)



EC2 Systems Manager (SSM Agent)


EC2インスタンスの設定やスクリプト実行がリモートから一斉に行えるEC2 Systems Manager (SSM Agent)がデフォルトでインストールされるようになります。



新しいパッケージ

  • Postgres 9.6
  • Ruby 2.4
  • Python 3.6
  • Mysql 5.7
  • Tomcat 8.5
    tomcat8 パッケージが8.0系から8.5系へリプレイスされるので注意が必要
  • Nginx 1.12.1
  • Squid 3.5
  • OpenMPI 2.1
  • GCC 6.4

その他

OpenSSLのバージョンが1.0.2kとなり、httpd24、nginx、curlでhttp/2がサポートされるようになっています。


muragonのEC2インスタンスも順次アップデートを行なっていきます。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。